住居を選ぶ時に調べよう

お金に余裕がない人は賃貸にしよう

賃貸は税金が掛からない

住宅を買うと、固定資産税という税金が発生します。
必ず支払わなければ行けない税金ですし、毎年発生します。
住宅を購入する際は、本体価格の他に、税金も掛かると覚えておきましょう。
お金に余裕がない人は、本体価格は何とか支払うことができても、税金まで納めると生活を送るのが大変になってしまうかもしれません。

それに比べて賃貸は、税金が全く発生しません。
毎月決められた家賃だけを支払えば良いので、費用削減に効果的です。
削減したお金を利用して、少しリッチな生活を送っても良いですね。
自分の収入を考えて、住宅を購入するか賃貸にするか決めてください。
また、ローンに追われなくて良い部分も好まれています。
安心した生活を送れますね。

修理する時のことを考慮しよう

賃貸は、修繕費が必要ありません。
古くなってリフォームしなければいけない場合は、管理人が費用を支払います。
何も気にしないで、生活を送れるので嬉しいですよね。
住宅を購入したら、修繕する時のことも考えないといけません。
急にリフォームが必要になっても、100万円前後の費用が必要になります。
急に用意することはできないので、前もって計画的に貯金を積み立てておきます。

収入が少ない人は、リフォームする時の費用を効率良く貯金することができないかもしれません。
賃貸で暮らして、修繕費を削減してください。
古い賃貸は、価格が安いかもしれませんが何となく不安を抱くでしょう。
ですが、管理人がそのうちリフォームしてくれるので大丈夫です。



ページ
先頭へ